出走結果(ヴィクトリーレーン)

 

9月11日(土)

中山8R 3歳上1勝C ダート1800m

ヴィクトリーレーン(セ4)

中央再転入初戦、試金石となった1戦は10番人気で迎えたが、2着に頑張ってくれた。

 

メンバーレベルも高くはないので、チャンスはあるかなと思っていたが出資者の想定以上の走りを見せてくれたと思う。

スタート後は前につけるのが希望で秋山稔樹Jも追っつけていたが、行きっぷりが悪く中団で進める形に。

線、追い出し態勢を整えるまでやや遅れてしまったのが結果的には痛かった。

追い出し態勢の時は残り約250m

 

対して勝ち馬のホウオウセレシオンは直線を向いて既に追い出し態勢。うまく長く脚を使われて、逆にヴィクトリーレーンは脚を少し余したかなと思う。

 

それでも中央初戦で2着は悔しさもあるが、「ここで2ケタ着順ならせっかく地方から戻ってきたのにやっていけない...」の不安もあった為、安堵の感情の方が大きく嬉しい2着だ。

以下公式より

9月11日(土)中山8R・ダート1800m戦に△秋山騎手55kgで出走、馬体重は転入前の川崎戦の前走から1kg減の464kgでした。
スタートでは枠内でやや落ち着かないような素振りを見せて、少し伸び上がるような飛び出しでした。前半は行き脚がつかずに中団の内めからレースを組み立てていきました。その後、3~4コーナーで前の馬たちを射程圏に入れて直線を向くと、先に抜け出した勝ち馬には及ばなかったものの、勝ち馬から2馬身差の2着でゴールしています。
レース後、深山調教師は「南関東からの転入緒戦で手探りでしたが、ここ2週の追い切りでだいぶいい動きができていたので、楽しみにしていました。調教ではチップを被ったりすると、嫌がって口向きの難しさを見せていたため、内枠で砂を被って揉まれた時にどうかなと考えていましたが、その点も大丈夫だったようです。ただ、切れる脚を使うタイプではないので、もう少し前半で行き脚がついてスムーズに運べれば、もっとやれると思います。

転入緒戦で目処の立つレースになってよかったです、ありがとうございました。問題なければ、この中山開催でそのまま続戦していきます」とコメントしています。

 

このまま中山で続戦との一報は嬉しい。中1週か2週での出走になるが頑張ってもらいたい。

 

しかしだらしないのは私の馬券。

愛馬が10番人気で2着と馬券的にはめったにないチャンスではあったが、1円も手に出来なかった。泣

馬券はもちろんヴィクトリーレーンから買っていたが3連複で2列目には12.ハイエストエンド(シンガリ16着)だったのでハズレ、3着スズカキングボス(15人気)も入れてないのでどっちにしろハズレだが、なんとヴィクトリーレーンの複勝が970円もついてるではないか!

なんとかならなかったものかね。

 

それでも今日はグランディアの馬券、そしてグランディア、ヴィクトリーレーン両頭の配当を考えると15万くらいとなるので満足ではあるが、ヴィクトリーレーンでの馬券を当てていれば満点ではあった。

次走は多少人気を被ると思われるがヴィクトリーレーンの単複にして応援しよう。

 

-社台・サンデー
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.