一口馬主の費用はどれくらいかかる?実際の請求を見ながら解説

 

 

 

一口馬主を始めようと思うんだけど、なんかややこしい...結局費用はいくらかかるの?

一口馬主を始めようと思った際に、気になるのが費用面。クラブの公式ホームページを見てもイマイチ分かりづらい点ですよね。

 

実際、一口馬主にかかる費用はこのように構成されています。

 

この記事では、実際の請求書も見ながら以下のポイントを解説しています。

記事の内容

・費用の種類と内訳

・40口/400口のそれぞれの維持費の計算方法

・初の出資からデビューまで実際にかかった費用

この記事を読めば「これから一口馬主を始めようとしている方が実際どれくらい費用がかかるか」をより具体的にイメージをする事が出来るはずです。

 

費用の内訳

冒頭の通り費用の構成をひとつずつみていきたいと思います。

月会費(毎月)

どこの一口馬主クラブでも月会費を毎月支払います。これはクラブの運営費に充てられており、各クラブによって月会費は若干異なってきます。

月会費の一例

価格帯:安 1,100円

(ノルマンディーオーナーズクラブ)

価格帯:標準 3,300円

(キャロットクラブ、サンデーサラブレッドクラブ他)

1,000~3,000円にほとんどのクラブが設定されています。

 

キャロットクラブでは3,300円が月会費

 

月会費に関しては原則、何頭所有しても一律同じ料金となっています。

 

預託費(毎月)

競走馬の毎月の育成・生活費です。

預託費の概算

育成牧場・・・40万円前後

外厩施設・・・50万円前後

所属厩舎・・・60万円前後

これを口数で割った金額が毎月の預託費として支払います。

 

実績の請求書でも分かるように、月々の預託費はバラバラ

 

1/400口であれば約1,500円前後が1頭あたりの預託費とイメージすると良いでしょう。

 

保険料(年1回)

競走馬も人間と同じように保険に加入します。役割としても我々と同様で死亡保障やケガに対する保障などがあります。

かかる費用については概ね以下の通りです。

保険料の算出

2歳馬-募集金額の3%前後

3歳馬-募集金額の2.1%前後

4歳以降-募集金額の1.5%前後

これだけ見てもあまりピンと来ません。実例をみてみましょう。

 

A・マスターワーク(4歳)5口出資
 募集額2000万 × 1.5% × 5/400 = 3,750円
B・ブルメンダール(3歳)2口出資
 募集額5000万 × 2.1% × 2/400 = 5,250円
C・デスティノアーラ(3歳)1口出資
 募集額7000万 × 2.1% × 1/400 = 3,675円
D・ディアデラノビアの19(2歳)5口出資
 募集額5600万 × 3% × 5/400 = 21,000円

 

募集金額によって増減がありますが、1/400口の出資ならおよそ3,000円~4,000円と考えていけばOKで、10月~12月に請求されるクラブが多いです。

金額としては大きくないので計算方法まで覚える必要はありません。

 

入会金(一度のみ)

相場としては1万円~3万円程度となっており、クラブによっては「入会金無料キャンペーン」などを行なっている事もあります。ただキャロットクラブやシルク等、人気クラブになればなる程、入会金無料キャンペーンは実施していません。

入会金の一例

DMMドリームクラブ・・・0円

シルクホースクラブ・・・11,000円

サンデーサラブレッドクラブ・・・33,000円

一度払って終わるものですから入会金の金額はクラブ選びのファクターに入れなくても良い、と個人的には思います。

 

出資金(馬代金)

出資の際に必要な費用。一口◯◯万円と記載されているので、分かりやすいかと思います。

ほとんどのクラブで支払い方法は「一括払い」「分割払い」が選べます。

分割払いでは金利等はかかりませんが、一括払いをした場合は「3%割」などの割引ルールを設けている所が多いです。資金に余裕があれば「一括払い」をする方が良いでしょう。

 

1/40口クラブでは出資金も結構な金額に

 

またポイント制度を設けているクラブも多く、次年度の出資の際にポイント分が割引されます。

 

40口/400口のそれぞれの維持費の計算方法

これまで見てきた費用を踏まえて、40口クラブ・400口クラブでの維持費の計算方法をみてみます。

これから一口馬主を始める方は、自分が入ろうとしているクラブの口数に当てはめてイメージしてみましょう。

※入会金、出資金は別途必要になります。費用は概算であり同一金額にはなりません。

 

400口クラブの場合

毎月の維持費の計算方法

会費3,300円+(出資頭数×1,500円)=月々の維持費

出資頭数×3,000円=保険料※年に1回

1/400口を3頭出資した場合=約7,800円(月々) 
保険料=約9,000(年1回)

1/400口を5頭出資した場合=約10,800円(月々)
保険料=約15,000円(年1回)

 

40口クラブの場合

毎月の維持費の計算方法

会費3,300円+(出資頭数×15,000円)=月々の維持費

出資頭数×30,000円=保険料※年1回

1/40口を1頭出資した場合=約18,300円(月々)
保険料=約30,000円(年1回)  

1/40を3頭出資した場合=約48,300円(月々)
保険料=約90,000円(年1回)

 

初の出資~デビューまでにかかった費用

一口馬主にどれくらい費用がかかるのか、なんとなく分かってきた所で、実際に私が2017年にキャロットクラブに入会してから、出資馬がデビューするまでにかかった費用をみてみましょう。

初年度は1600万円の馬に1/400口を出資(一口4万円)。当時は一括払いの割引も分かっておらず何故だか分割払いをしてました。

年月 請求金額 月会費 馬代金 預託費 保険料 入会金 収入 備考
2017年11月 29800円 3,240 4,960     21,600 0 入会金・分割(1/8回目)
2017年12月 9440円 3,240 5,000   1,200   0 分割(2/8回目)
2018年1月 8240円 3,240 5,000       0 分割(3/8回目)
2018年2月 9169円 3,240 5,000 929     0 分割(4/8回目)
2018年3月 9080円 3,240 5,000 840     0 分割(5/8回目)
2018年4月 9185円 3,240 5,000 945     0 分割(6/8回目)
2018年5月 9153円 3,240 5,000 913     0 分割(7/8回目)
2018年6月 9843円 3,240 5,000 1,603     0 分割(8/8回目)
2018年7月 4061円 3,240   821     0 新馬戦1着(7月21日)に出走
2018年8月 4980円 3,240   1,740     15,326円 新馬戦の賞金が初めて分配される

デビューまでにかかった費用=102,951円

新馬戦の賞金(1着)=15,326円

 

初の出資馬は比較的早い7月デビュー、そして運よく1着でした。募集金額1600万円とかなり安い馬でしたがそれでも約10万円はデビューまでにかかったという事ですね。

 

最後に

冒頭の通り費用の構成はこの画像の通りになっています。

クラブの中には1/2000口募集ともっとローコストに抑えられるクラブもありますが、当然その分配当もローリターンになってきます。

これから一口馬主を始めようとされている方は、ご自身の予算と照らし合わせてクラブ選択をしていきましょう。

一口馬主 おすすめクラブ
【2021年版】一口馬主クラブ比較 おすすめランキングTOP10

    「一口馬主を始めたいけど、クラブが沢山ありすぎてどれを選べば良いか分からない」 現在23の一口馬主クラブがあるので初心者の方は特に迷ってしまいますよね。 私の知人にも「始め ...

続きを見る

 

-一口馬主
-, , ,

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.