【一口馬主初心者ガイド】

2021年12月14日

 

一口馬主 初心者ガイド

アーモンドアイやグランアレグリア、エフフォーリアなど、競馬ファンの間でもすっかりお馴染みになった一口馬主。

 

アーモンドアイを見て一口馬主に興味をもったけど...

・始めようと思ってもクラブが沢山ありすぎてよくわからない
・一口馬主って儲かるの?
・実際の収支を教えて欲しい

一口馬主をこれから始める初心者の方にとっては気になる事や疑問が沢山あるかと思います。

この記事では一口馬主の仕組みや費用の事、クラブの選び方などこれから一口馬主を始めようとされている初心者の方の疑問や悩みをなるべく分かりやすく解説しています。

 

【STEP1】一口馬主の仕組みを知ろう

一口馬主とは?

一口馬主という名称ですが、正確には馬主ではなく出資会員であり、競走馬そのものは金融商品となる為、擬似的に馬主気分を味わうものになります。

40口~2000口と分割する口数はクラブによって異なり、例えば4000万の競走馬がいるとした時、2000口のクラブであれば一口2万円で出資する事が出来ますが、40口のクラブは1口100万とかなり高額になってきます。

 

 

一口馬主になると一般の競馬ファンでは味わう事が出来ない口取り式の参加や、調教師や騎手の方と直接話す機会もあるクラブパーティーへ参加する事が出来るなど、クラブによって様々なサービス、特典があります。

 

項目 馬主 一口
馬主
備考
命名 クラブに応募し、選ばれれば命名者になれます。
預託厩舎 × 募集段階で厩舎は基本的に決まってるので好きな厩舎を選ぶ事はできます。
騎手 × この厩舎ならあの騎手が多い。等の傾向を読み取る事しかできません。
レース選択 × 身を任せるしかありません。
口取り式 通常のレースは10名、重賞は20名の枠があり抽選です。ローカル開催は狙い目
馬主席 抽選で入れます。但しパドック馬主エリアに入れなかったりと制限はあります。
愛馬見学 牧場等へ愛馬に会いにいく事ができます。
パーティー 一口クラブ主催のパーティーに参加できます。一流騎手や調教師も参加します。
優勝賞品 希望者で抽選し購入できます。

一口馬主の概要や基礎知識は詳細記事で解説しています。

詳しくはコチラ

 

アーモンドアイ、グランアレグリアなど名馬たちの一口価格は?

 

近年活躍したクラブ馬が一口いくらで募集されていたのかをみてみましょう。

馬名 一口価格 口数
デアリングタクト 44,000円 1/400
アーモンドアイ 60,000円 1/500
エフフォーリア 70,000円 1/400
クロノジェネシス 350,000円 1/40
グランアレグリア 1,750,000円 1/40
シャフリヤール 3,000,000円 1/40

 

みなG1を勝利している名馬ですが、口数によって一口価格が4,4万円~300万円と大きな差があるので、ご自身の予算感にあった口数の一口馬主クラブを選ぶ必要があります。

次の章では実際に一口馬主クラブにかかる費用についてを解説しています。

 

費用はどれくらいかかる? 費用の種類やデビューまでにかかった費用

 

一口馬主 維持費

 

画像の通り、費用は出資口数が40口なのか400口なのか、2000口なのかによって大きく異なってきます。

参考までに私が初めてキャロットクラブ(1/400口)で1頭出資し、デビューまでにかかった費用は102,951円、デビュー戦で1着だった配当は15,326円でした。その内訳は以下の通りです。

年月 請求金額 月会費 馬代金 預託費 保険料 入会金 収入 備考
2017年11月 29800円 3,240 4,960     21,600 0 入会金・分割(1/8回目)
2017年12月 9440円 3,240 5,000   1,200   0 分割(2/8回目)
2018年1月 8240円 3,240 5,000       0 分割(3/8回目)
2018年2月 9169円 3,240 5,000 929     0 分割(4/8回目)
2018年3月 9080円 3,240 5,000 840     0 分割(5/8回目)
2018年4月 9185円 3,240 5,000 945     0 分割(6/8回目)
2018年5月 9153円 3,240 5,000 913     0 分割(7/8回目)
2018年6月 9843円 3,240 5,000 1,603     0 分割(8/8回目)
2018年7月 4061円 3,240   821     0 新馬戦1着(7月21日)に出走
2018年8月 4980円 3,240   1,740     15,326円 新馬戦の賞金が初めて分配される

※馬代金は「一括払い」と「分割払い」と選べます。私は最初深く考えず分割払いにしましたが、一括払いだと2%割引などの特典があるのでトータルコストは一括払いの方がお得。私も今は一括払いで出資しています。

初の出資馬は比較的早い7月デビュー、そして運よく1着でした。募集金額1600万円とかなり安い馬でしたがそれでも約10万円はデビューまでにかかったという事ですね。

費用の種類としては、入会の時に入会金がかかり、出資時には馬代がかかります。毎月かかる費用は預託費と月会費であり、保険料が年に1回支払いが必要です。

この記事では実際の請求書の画像を見ながら費用の詳細や、ややこしい保険料の計算方法の解説をしています。

詳しくはコチラ

 

一口馬主って儲かるの?厳しい現実と黒字の3つのポイント

一口馬主って儲かるの?

一口馬主が儲かるかどうか、の問いに一声で答えるならば

儲かっている人10%以下

儲からない人が90%以上

この割合を見ての通り、黒字にするのにはかなり難しい世界です。

私の知人の一口馬主には中央馬主の方、地方馬主の方、競馬記者の方がいますが私の知る限りでは一口馬主の収支が黒字になっているのはお一人だけです。

一口馬主が儲からない理由としては預託費が高いのも理由のひとつとしてあげられます。

預託費とは出資馬を預ける為の費用で、エサ代、調教や日々のお手入れなどで、牧場<外厩施設<厩舎と預かり先によって費用の変動はありますが、おおよそ毎月40万~70万円かかり、これを口数で割ったものを会員が支払います。

この預託費を仮に毎月50万とした場合2歳1月~例えば6歳3月までの51か月間を計算すると2550万もかかってくるのです。

一口馬主 預託費

これに出資時の馬代や月会費を上乗せしたものの金額以上にレースで稼がないといけないとなると、収支がプラスになる馬はそう多くはありません。

この記事ではなぜ黒字になるのが難しいのかや、天下のサンデーサラブレッドクラブの黒字馬輩出率などを分析しています。

そして一口馬主として黒字になっている人がいるのも事実です。私の知人のカネコさん(仮名)が黒字となっている3つの特徴もこの記事で紹介しています。

詳しくはコチラ

 

一口馬主のメリット&デメリット

一口馬主 メリット デメリット

一口馬主には様々なメリット&デメリットが存在します。

例えばメリットとして挙げられるのが、魅力的な配当がある事です。特にサンデーTCや社台TCのような1/40口クラブでは数百万、数千万円の配当になった馬も多数。夢がありますよね。

また会員の集いとしてクラブパーティーを開催しているクラブも多く、一流ジョッキーや調教師の方と直接お話しできるのも一口馬主ならではのメリットといえます。

キャロットクラブ クラブパーティー

多くの競馬関係者が参加するクラブパーティー

逆に最大のデメリットとしては、基本的には赤字となる世界なのでとにかく費用がかかります。

年間の総予算としては10万円以上かけている方がほとんどで、知人の方々の年間予算は体感的には30~50万程度です。

この記事では筆者が実際に一口馬主をやっている中で感じるメリット12選、デメリット8選の計20個紹介しています。

詳しくはコチラ

 

【STEP2】始め方を知ろう

何より大事なのがクラブ選び

実際に一口馬主を始める際には入会するクラブを選ばないといけません。

一口馬主クラブは入会まではあっという間、退会には数年がかりになりますので、クラブ選びは慎重にする必要があります。

なぜ退会に何年もかかるの?

クラブの規約的にはすぐに退会は可能ですが、退会すると出資馬の権利(配当)も手放す事になるので出資馬が引退するまでの数年は待つ方が多いです。
さらにはその数年のうちにも新たな1歳馬募集も何度か訪れるので、退会予定だったが良く見える馬に新たに出資してしまいさらに退会が伸びてしまう、なんて話もよく聞く話です。

クラブに入ると数年は辞めづらくなるものだと覚えておいた方が良いでしょう。

ご自身の予算感は楽しみ方によってオススメクラブは変わってきますが、まず検討の軸とすべきなのは『キャロットクラブ・サンデーサラブレッドクラブ・シルクホースクラブ』の3つです。

この3つのクラブは日本競馬会のトップ「ノーザンファーム直系のクラブ」ですので、勝ち上がり率や重賞馬率などどの項目でも高水準なクラブです。

だからと言って全ての人にこの3クラブがオススメできるわけではありません。

ざっくりと、本当にざっくりとタイプ分けをすると以下のような特徴があります。

キャロットクラブ

人気クラブ故、ほとんどの馬が抽選対象となり、抽選次第では「5頭申し込んだのに当たったのは1頭だけ」なんて事もザラに起こります。

ただ1/400口と価格帯的な手の出しやすさもあり人気No1クラブで、出資頭数にこだわりがないならまずオススメしたいクラブです。

サンデーサラブレッドクラブ

全40口のクラブなので、他クラブに比べ一口価格が圧倒的に高いです。

過去4年の出資実績が出資者決定順となるので少なくとも毎年50万円以上の余剰資金があればオススメです。

シルクホースクラブ

実績制なのでマネーパワーが強いクラブで、過去3年の出資合計額がみられます。ご自身に合うかどうかは年間予算がどれくらいかが指標の1つです。

◯年間予算50万円~

マネーパワーとしてはある程度確保できるので50万円以上費用をかけられそうならオススメです。

△年間予算~20万円

マネーパワーが足りず、希望馬に出資できないストレスをかかえるリスクがあるので、あまりオススメはできません。


一口馬主生活のカギを握っているのが所属クラブを選ぶ事。こと収支面を考えるなら絶対に適当に選んではダメです。

注意ポイント

よくある失敗例としては「一口馬主を始めようとした時に、今すぐ出資できる馬がいたから」とクラブを決めてしまう事です。各クラブの特徴を理解した上で、初年度だけでなく2年目以降の出資イメージをしながらクラブ選びをしていきましょう。

【2021年版】一口馬主クラブ比較 おすすめランキングTOP10

現在23個の一口馬主クラブがありますが、これだけあると初心者の方は迷ってしまいますよね。

この記事では筆者目線でおすすめできる一口馬主クラブTOP10を紹介しています。

一口馬主 おすすめクラブ

詳しくはコチラ

 

入会・出資申込みまでの4つの手順

実際に一口馬主を始める場合は、どこのクラブでも一般的に以下のような流れになっています。

一口馬主 入会の流れ

資料請求については原則無料で行えます。氏名や住所を入力すると募集馬カタログが郵送されてきます。

先ほど紹介したキャロットクラブなどの人気クラブについては資料請求できる期間が決まっており、おおよそ募集が始まる1か月~2か月前になります。

お目当てのクラブの募集時期はあらかじめ把握しておきましょう。

参考:2021年主なクラブの1次募集期間

クラブ名 一次募集期間
キャロット 9月1日~
サンデー 6月7日~
シルク 7月26日~
東サラ 6月21日~
DMM 8月10日~
社台 6月7日~
ロード 11月10日~
ノルマン 10月8日~
ウイン 8月3日~
G1サラ 6月7日


この記事では資料請求から出資・入会までを4ステップに分け、注意点や初心者の方が抱きやすい疑問点などについて解説しています。

詳しくはコチラ

 

人気クラブへ新規入会するコツ

キャロットクラブで新規入会

 

入会が難しいとされる代表的なクラブといえばキャロットクラブ。1/400口という手の出しやすい口数でありながら活躍馬も多数輩出しており、2021年度募集では一次満口率100%の即完売となっています。

そして2022年には新規入会にはさらに厳しくなった募集ルールの改訂がありました。

  旧ルール 新ルール(22年度~)
1次募集 新規会員・既存会員 既存会員のみ
1,5次募集 新規会員・既存会員 既存会員のみ
2次募集 新規会員・既存会員 新規会員・既存会員

21年度募集までは新規会員でも1次募集参加の権利がありましたが、今年からのルールでは新規は1次も1.5次も参加権利はありません。

 

ただ、ルール改訂により今までは票読み等戦略が必要でコツが必要だった新規入会方法もシンプルにはなりました。

新規入会の手順

①2次募集が実施されるのを座して待つ。

②2次募集で複数等出資申し込みを行う。


この記事ではキャロットクラブに新規入会をする為のポイントや流れを解説しています。

詳細記事を読む

 

サンデーサラブレッドクラブで新規入会

名実ともに日本一といえるサンデーサラブレッドクラブ。

1/40口とハイリスクハイリターンの小口クラブであり、2021年度募集の平均価格は一口97万円でした。

これだけ聞くと「敷居の高いクラブだな...」と感じるかもしれませんが、年収600万円程度の私も入会しておりますので、必ずしも富裕層しかいないクラブではありません。

そんなサンデーサラブレッドクラブへの新規入会方法として、以下の3つの選択肢がおすすめです。

ポイント

①満口にならない馬を選ぶ

②ラッキーナンバー狙い

③まずは社台で入会

この記事では、同クラブ会員目線で新規入会のコツや募集方法、入会審査について解説をしています。

詳細記事を読む

 

【STEP3】応用編

一口馬主に役立つ本2選

競馬関連の本は毎年新しい本が発売されていますが、実は一口馬主に直接的に触れている本はそう多くはありません。

私自身、何十冊と馬の関連本を読んでいますが、一口馬主に役立つ本として2冊おすすめしたいと思います。

 

「馬体は語る」最高に走るサラブレッドの見つけ方

馬体は語る

 

こんな人におすすめ

・一口馬主を始めたばかりの方

・馬体を見るのに苦手意識がある方

 

この本が1番活躍するのは間違いなく『出資馬選び』の時です。

図解つきで各馬体のパーツの見方が事細かに書いてあるので、欠点や美点の見方が分かるようになるはずです。

 

一口馬主には必携とも言える一冊。なんと値上がりもしており定価は1925円ですが、3000円~5000円で取引されている事も多いです。

それだけ良質な内容ですので、定価で見かけたら迷わず手に取って頂きたい一冊です。

 

 

一口馬主&POG攻略読本 愛馬選びはここを見よ!

 

こんな人におすすめ

・血統が好き、詳しくなりたい

・馬体を見る際のヒントが欲しい

・内容は中級者~上級者向け

 

先程の馬体を語るよりも『血統』にフォーカスを向けたお役立ち本。

ニックスも多数紹介しており、例えば父エピファネイア×母父キングカメハメハの通称エピカメ配合

血統好きには近年のニックスとして有名ですが、その根拠としてエピファネイアの3代父Sadler's Wellsとキングカメハメハ3代父Nureyevがニアリーの関係となり、エピファネイアの弱点である後躯の非力さをカバーすると解説しています。

このようなニックスや血統の話が一口馬主目線で多数掲載されているので、非常に役立つ内容になっています。

 

 

一口馬主DBを活用しよう

一口馬主をしている人の大多数の方が活用しているのが、一口馬主専門のWebサイト「一口馬主DB」

 

一口馬主DB トップページ

一口馬主DB トップページ

 

自分の出資馬の成績集計やポートフォリオなど一口馬主ライフにとても便利な機能が満載です。

無料会員有料会員(プレミアム会員)の2種類があり、有料会員は月額497円です。

無料でも使えるツールなどはあるので、まずは無料会員登録でサイトの使用感などを見てから、より活用したいと思えれば有料会員になると良いと思います。

無料でも出資馬をMy馬として登録でき、以下の機能の基本部分を利用できます。

 

私自身は有料会員登録をしているので、よく使う機能を1つ紹介します。

ニックス診断

出資を検討している馬の父・母父を入力し、AEIや勝ち上がりを算出してくれる診断コンテンツです。

例えば父エピファネイア母父キングカメハメハを診断してみましょう。

 

すると一瞬でエピファネイア×キングカメハメハの配合の相性やデータを見ることができます。

この例の場合はエピ×キンカメで見ても、エピ×キングマンボ系で見てもAEIは全体の平均の200%を超えており、勝ち上がり率も水準以上。

出資に前向きになれる組み合わせと言えます。

このような便利な機能がいくつもありますので、一口馬主を始める際はまずは無料登録から始めて活用してみてください。

>>一口馬主DBホームページへ

 

コミュニティを広げよう

一口馬主 コミュニティ

 

様々なSNSを通じて一口馬主同士の交流や情報交換も盛んに行わており、「一口馬主を始めて1番良かったのは馬友との出会い」と話される方も多いです。

私自身一口馬主を始めた際は全く意識してなかった事ですが、様々な人と知り合い、今では旅行に行くほどの仲の良い友人が一口馬主を通じてできました。

交流のきっかけとして多いのは「同じ馬に出資をしている」でしょうか。

1/40口の馬であれば最大40人、1/500口なら最大で500人の同じ馬の活躍を願う同志がいるので、Twitterなどで馬名検索から交流したり、自身の投稿にコメントが来たりと。仲間と一緒に出資馬を応援するのは想像以上に楽しいです。

私はTwitterはどうも馴染めないので、アメーバブログをしていました。まずは投稿しないにしても色々な方と一口馬主ブログを覗くだけでも楽しいと思います。

>>Amebaブログ#一口馬主

 

最後に

敗戦続きの我慢や出費がかさんだりと良いことばかりではない一口馬主ですが、それを差し引いても楽しい世界です。

そして私はなにより、仲の良い馬友の方々と会えたのが1番やっててよかった事だと感じています。

「金融商品」「投資」として考えるにはあまりシビアな世界ですので、経済的にも無理のない範囲で一緒に一口馬主を楽しみましょう。

 

 

 

 

-一口馬主
-,

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.