ワシントンレガシーの20(キャロットクラブ2021年募集)

母の情報

母ワシントンレガシーはダートの短距離で3勝を挙げたクロフネ産駒、2014年産まれ。

 

母の産駒

母6歳時出産の初仔で、当歳はスワーヴリチャードをつけられています。

2020・本馬(牝)父クロフネ

2021・当歳(牝)父スワーヴリチャード

 

血統

ワシントンレガシーの20

母父クロフネ

獲得賞金上位と好走距離

対象:1642頭

1位・クロノジェネシス(牝)父バゴ

15戦8勝 芝1600-2500m

2位・ノームコア(牝)父ハービンジャー

17戦7戦 芝1600-2000m

3位・ステファノス(牡)父ディープインパクト

31戦4勝 芝1600-2200m

短評

リアルスティール×クロフネはマイティースルーの20と同じ組み合わせです。

ただ比較すると本馬の方は母系にスウェプトオーヴァーボードも加わり、血統表の3代目の父は全て米国馬となりダート短距離に適性が出そうな血統です。

ワシントンレガシーの兄弟の戦績とサンデーサイレンスのクロスからは芝でも走れるのかも知れませんが、個人的にはダートも視野に入る馬に出資するなら「牡馬」が良いと思ってますので、血統的には私の好みからは外れる馬です。

※データは2021年8月8日終了時点になります。
※キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。
※個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。
キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。

-2021年度募集, キャロットクラブ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.