クルージンミジーの20(キャロットクラブ2021年募集)

 

母の情報

母クルージンミジーは2009年、米国で産まれ日本で競走馬となったマル外。

通算成績は21戦1勝で勝ち星は札幌ダート1000m。

 

母の産駒

本馬は母11歳出産、父ハーツクライは3頭目となる

※中央で3勝以上は馬名太字、重賞勝利馬は馬名青字

2015・リヴォルノ(牝)父ヴィクトワールピサ

2016・フジノタカネ(牡)父ハーツクライ

2017・ナオミラフィネ(牝)父ハーツクライ

2018・シーニッククルーズ(牡)父ブラックタイド

2019・オールフラッグ(牡)父トゥザワールド

2020・本馬(牡)父ハーツクライ

 

血統

母父Mizzenmast

獲得賞金上位と好走距離

対象:24頭

1位・エイシンバランサー(牡)父Ghostzapper

40戦9勝 ダート1000-1400m

2位・ジェネシスロック(牡)父アグネスタキオン

27戦4勝 ダ1200-1400m 芝1200m

3位・フジノタカネ(牡)父ハーツクライ※全兄

24戦3勝 ダート1200-1400

短評

本馬と同配合となる全兄姉がおり、本馬の全兄フジノタカネはダートの短距離で3勝をあげ、全姉ナオミラフィネはダートの1400m、芝2400mと勝ち星を挙げています。

この事からクルージンミジー×ハーツクライでは母系の特徴が主に出ており、コジーン、Storm Catらの米国的なスピードの持続力が主張され、ダートがメインになり本馬もパワー型の産駒になるのではと予想されます。

フジノタカネとナオミラフィネ両馬共に古馬になり戦績が安定しておりこのあたりはハーツクライ(トニービン)から来ているのでしょう。

クラシック等を狙うハーツクライ産駒ではないでしょうが、コツコツと稼いでくれそうな血統ではあります。

 

※データは2021年8月1日終了時点になります。
※キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。
※個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

 

他のキャロットクラブ募集馬の短評を見る

-2021年度募集, キャロットクラブ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.