ディオジェーヌの20(キャロットクラブ2021年募集)

 

母の情報

母ディオジェーヌは2010年生まれのディープインパクト産駒です。

通算成績は19戦3勝で芝1800m、2000mで勝ち星をあげています。

母の産駒

2017・競走馬登録無し(牝)父ヘニーヒューズ

2018・デュークアックス(牡)父マジェスティックウォリアー

2019・リブースト(牡)父ハービンジャー

2020・本馬(牡)父モーリス

2021・当歳(牝)父エピファネイア

血統

ディオジェーヌの20

母父ディープインパクト

獲得賞金上位と好走距離

対象:953頭

1位・キセキ(牡)父ルーラーシップ

30戦4勝 芝1800-3000m

2位・アリストテレス(牡)父エピファネイア

13戦4勝 芝1600-3000m

3位・ステラヴェローチェ(牡)父バゴ

6戦2勝 芝1600-2400m

父モーリス×母父ディープインパクト

対象・46頭

代表馬・ルークズネスト(牡)

6戦2勝 ファルコンS(G3)1着

既走馬26頭で中央勝ち上がり13頭(50%)

短評

上記の通り、モーリス×ディープインパクトは勝ち上がり率を見ると50%と優秀な数字と言えます。

相対的に見ると、種牡馬同期のドゥラメンテ×ディープインパクトは1/5で20%の勝ち上がり、エピファネイア×ディープインパクトは13/39で33%ですので「父モーリス×母父ディープインパクトは好相性」という見解で良いと思います。

本馬はモーリス産駒の重賞勝ち馬と共通点も多く、母ディオジェーヌはMill Reef5×5を持っており、これはフィリーズレビューを勝ったシゲルピンクルビーと同じです。

シンザン記念を勝ったピクシーナイト、ファルコンS勝ち馬ルークズネストはHaloと Lyphardのクロスがあり、これも本馬との共通点です。

モーリス産駒は逃げ/先行脚質が特筆して成績が良く、このあたりは母ディオジェーヌが挙げた3勝が全て逃げ先行だったのでマッチしそうな印象です。

※キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。
※個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

 

他のキャロットクラブ募集馬の短評を見る

-2021年度募集, キャロットクラブ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.