シュピッツェの20(キャロットクラブ2021年募集)

 

母の情報

母シュピッツェは2009年生まれ、父はAzamour。

通算成績は35戦2勝で芝2000mで2つ勝利しています。

母の産駒

※中央で3勝以上は馬名太字、重賞勝利馬は馬名青字

2016・トップアスリート(セ)父ヴィクトワールピサ

2017・エターナルボンド(牡)父キズナ

2018・レンツシュピッツェ(牡)父ドゥラメンテ

2020・本馬(牝)父モーリス

2021・当歳(牝)父モーリス

本馬は母11歳時出産の4番仔で、2019はキズナをつけ不受胎、空殆明けの1頭です。

血統

シュピッツェの20

母父Azamour

獲得賞金上位と好走距離

対象:20頭

1位・ダノンメジャー(牡)父ダイワメジャー

29戦6勝 芝1600-2000m

2位・ダノンキングダム (牡)父ステイゴールド

22戦6勝 芝1800-2400m 障害

3位・シャレード(牝)父ダイワメジャー

16戦3勝 芝1400-2000m

短評

欧州血統の母にモーリス、Robertoのクロスですから当然重たすぎる血統というのが印象です。

半兄エターナルボンド(父キズナ)は芝2400mで勝ち上がり、1勝Cではダート2100mで2着。

同じく半兄にあたるレンツシュピッツェ(父ドゥラメンテ)はダート1800mで勝ち上がり、芝2400のゆきやなぎ賞で3着をするなど、いかにも母系欧州血統という戦績になっており、既走馬3頭中2頭が勝ち上がってます。

仕上がりが早い血統背景ではないでしょうし、クラシックというタイプではないですが、重たい芝やダートなどの舞台でいかに走れるかという感じでしょう。

※データは2021年8月8日終了時点になります。
※キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。
※個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

 

他のキャロットクラブ募集馬の短評を見る

-2021年度募集, キャロットクラブ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.