リューデスハイム 池添J乗るってよ

 

6/22(土) 京都7R ダ1800m 1勝C

リューデスハイムが2ヶ月ぶりに出走します。

6/13の更新では「鞍上は坂井騎手で調整しています」との事でしたが、なんと当週になり前走からの継続で池添Jとの事。

いやはや。

前走1番人気で盛大に二度も詰まらせて馬券外になり、出資者はフラストレーションが相当に溜まっていると思います。

もちろん私もその一人ですが、合わせて馬券的にも印を打ってた大穴馬が激走したのに肝心のリューデスハイムが飛ぶという散々な結果でした(リューデスハイムどん詰まりとその後の馬券)

ただいつまでもぐちぐち言っててもしょうがないので、ここは男池添、名誉挽回してもらいましょう。

元々はデュランダルやスイープトウショウで好きな騎手の池添J。リューデスハイムの件で一旦私と池添Jの間に溝が出来てしまいましたが(知らんがな)、ここで復縁したいです。

調教は十分動けていて体勢は万全。不利なく走れれば結果はついてくるはずです。

おそらくリューデスハイムが1番人気、前走馬券外となり馬柱が汚れたのでオッズも2倍台後半あたりでしょうか。

相手関係では出走すれば1番人気想定だったイザナギが回避。リューデスハイムが万全でも力負けもあるかもと思っていただけにこれはありがたいです。

他にはこの時期なので3歳馬を狙うのがセオリーではあるものの、狙ってみたいのがマル地のついた4歳馬の3.ダズリングダンス

デビューが3歳4月と遅かった事もあり未勝利期間には勝ち上がれなかったものの、地方で3勝し出戻り。厩舎も変わり走ってみないと分からない部分も多いが、未勝利戦でも逃げて2着2回、並びやメンバー的にここでも逃げれる可能性はあり狙ってみたい。

3歳馬からは現級2着2回ある7.ポラポラジールが強敵。前走は逃げを主張するも終始外から絡まれる息の入らない展開。ただ3走前はヒヤシンスS3着のハビレと差のない競馬、2勝C完勝のテンカジョウには先着経験もあり、1勝Cは勝ち上がるのも順番でしょう。

馬券的にはリューデスハイムの単勝とダズリングダンスとポラポラジールへの馬連までが本線。

あとはヒモ2頭を2列目に置いた3連単フォーメーションも買って見守りたいと思います。

頑張れリューデスハイム!

そして頼みます池添ジョッキー!

-ブログ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.