ローズノーブルの20(キャロットクラブ2021年募集)

 

血統

ローズノーブルの20

母父ディープインパクト

獲得賞金上位と好走距離

対象:953頭

1位・キセキ(牡)父ルーラーシップ

30戦4勝 芝1800-3000m

2位・アリストテレス(牡)父エピファネイア

13戦4勝 芝1600-3000m

3位・ステラヴェローチェ(牡)父バゴ

6戦2勝 芝1600-2400m

短評

体質の弱さは気にしなくてはいけない部分で、初仔ノーブルワークスは故障で4歳で引退、2番仔のジュビリーヘッドはボーンシストで募集中止→翌年再募集。3番仔シュプールロイヤルはデビュー前からソエが見られるなど脚部不安。

ジュビリーヘッドは再募集後は比較的順調に使えているものの、これまで全馬になんらかの頓挫は見られています。

本馬は血統表上5代アウトブリードとはなるものの、もう1代広げるとNorthern Dancer6•6•5×6•6となっており、父父、父母、母父、母母と4/4Northern Dancer持ちですから、異系交配による体質強化の恩恵はあまり期待出来ないかな、という印象です。

ただルーラーシップ×母父ディープインパクトはJRA-VANでも「1400-1600mでのニックス」と紹介されているように、「母父ディープインパクト」と「父ルーラーシップ×母父ディープインパクト」を比較すると

勝ち上がり率は34%→42%

AEI 0.91→1.85

と確かな数字を残しています。

母や半兄姉が短距離~マイルが主戦場となってますし、本馬もマイル~の芝に適性は出そうです。

体質リスクを承知で面白い1頭だとは思います。

 

※データは2021年8月15日終了時点になります。
※キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。
※個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

 

他のキャロットクラブ募集馬の短評を見る

 

-2021年度募集, キャロットクラブ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.