カタログが届き。キャロットクラブ2021年募集

 

昨日、8月26日にキャロットクラブのカタログ、通称キャタログが届きました。

 

オシャレなカタログ外観。

カードでいうキラって感じ(稚拙な表現

活躍馬の馬名が散りばめられており、裏面の最後には隠れて挨拶文がかかれていた。

Carrotclub celebrates its 30th anniversary and its 20th renewal.Thank you all for your patronage and support.We will continue to retrace our history and connect the past to the future

これからも宜しくね、みたいな感じの内容ですね

 

今年からDVDの配布も無し。

個人的にはタブレットでいつも観ていたので何ら問題はないですが、一定数は「テレビの大画面で観たかった」って方もいるようですね

そんな方は、TVがミラーリング対応してるならミラーリング。対応していないのであればPCで開いてHDMIでテレビ出力すればokですので、もし読者の中のテレビ派の方でお困りの方がいれば試してみて下さい。

我が家はミラーリングでいけました。まぁ結局はタブレットで見るんですけどね(^^;)

 

 

カタログが届いて最初のルーティンは、1頭あたり10秒くらい馬体を見て馬券予想のごとく◎◯▲△×と印を振る作業です。

ファーストインプレッションですね

 

だいたいこれで△×印の馬は出資馬選びの候補から離脱します。

 

一応こんなサイトでも一定数のアクセスを頂いてますので、馬名の記載は控えさせていただきますが、88頭中21頭が△×となり僅かですが絞れました。

 

今年は全馬の短評を自らの勉強がてら恥を承知でこのブログで書こうと決め、全馬血統表に目を通しました。

血統でも同様に印を降り△×の35頭は離脱しました。

 

これから動画や尺を見ながら検討を進めたい所。

明日は競馬関係の仕事をされている方とのオンライン検討会を行う予定ですので、そういった有識者の意見も参考に選定を進められればと思います。

 

 

-2021年度募集, キャロットクラブ
-,

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.