申込み候補馬(関西馬)キャロットクラブ2021年募集

 

前回の関東馬の候補に続き、今回は関西の申込み候補馬です。

最優先はバツ取り目当てでシーザリオの20に行きますので、一般票しか使えなく厳しい抽選やノーチャンスの馬も出てくるでしょうが、とりあえずの候補に入ってる馬を書いていきます。

 

45・アディクティドの20(牝)
父ロードカナロア
一口110,000円 高野厩舎

キンカメ系◯、牝馬×の傾向のアディクティドの産駒。母母Asticaがマイナー血統であり1/4非Northern Dancerと良い緩衝材となり、ロードカナロアの持つNureyevをいじくるのは産駒の成功パターン。血統的には申し分ないのですが、やはりまずは一般に回ってくるかどうか。母馬優先がない分、×無最優先抽選か一般の低確率かそのあたりと読んでますのでまぁ取れない確率が高そうです。

中間発表で僅かでも可能性がありそうなら申込み候補ではあります。

 

46・フロアクラフトの20(牝)
父ロードカナロア
一口110,000円 中内田厩舎

短評では血統的には1200-1600mかなと記載はしたものの、いざ馬体を見てみると体高もありスラリとしていて中距離まで走れそう。

故障の多い一族で19.2の管囲は故障リスクとなりそうですがポジティブ材料の方が多く魅力的です。

今週の土曜日に復帰戦を迎える全姉ラヴォルタの走りにも注目です。

ただ...一般には回りませんね(^^;)

 

47・ワイの20(牝)
父ロードカナロア
一口100,000円 武幸四郎厩舎

ロードカナロア3連発にしてここにきて一般票で現実的な馬ですね。

名牝ミエスクの牝系であるものの産駒は期待と裏腹に結果は残せていません。

ヌレサドクロスにkingmamboの全兄弟クロス、血統のギミックが多くどちらに転ぶかですが面白い1頭で、立ち姿も前出2頭とも遜色なく見えます。一般ならそこそこの確率でイケるかなぁとは思ってます。

 

63・ライジングクロスの20(牝)
父リアルスティール
一口70,000円 松下厩舎

動画ではクレオールの20と並ばせて歩かせると顕著に前の出が硬く映りますが対照的に後ろの歩様が柔らかく牝馬らしい瞬発力を発揮出来そうだな、と好印象でした。

一般で手の出しやすい価格ですから、ある程度厳しい一般抽選と予想してます。

 

66・プラチナブロンドの20(牡)
父サトノダイヤモンド
一口80,000円 橋口Jr厩舎

今年のNHKマイルCでタイム差無しの2着だったソングラインを出したようにまだまだ存在感を示すソニンクの牝系です。サンデーサイレンス+Haloのクロスは好相性。

動画では前の出が良く一完歩のストライドが大きい印象。トモが牡馬にしては頼りないですが、腰高ですしまだまだ成長の余地はありそうです。バツ狙いをしないなら牡馬で最優先を投じたい1頭、個人的には本馬好みで複数口申込みたいなと思ってます。

 

一応関東馬から候補馬をまとめてみると

9・バウンスシャッセの20(牝)
12・ステファニーズキトゥンの20(牝)
17・エンジェルフォールの20(牡)
34・ポロンナルワの20(牝)
40・スーブレットの20(牡)
45・アディクティドの20(牝)
46・フロアクラフトの20(牝)
47・ワイの20(牝)
63・ライジングクロスの20(牝)
66・プラチナブロンドの20(牡)

ピッタリ10頭でした。この中で死に票も出てくるでしょうから3頭くらい出資出来れば、と現時点では思っています。

プラチナブロンドの20が「牡馬枠」として一般で一番欲しいので何とかなってくれないものか。

 

今年はサンデーでサトノダイヤモンド産駒の牝馬に出資したので、潜在的に「サトノダイヤモンド産駒は走って欲しい」という意識がある気もしますが。笑

明日の中間発表はさほど当てにはならないと分かりつつも楽しみに待ちたいと思います。

 

2021キャロットクラブ募集馬の短評を見る

-2021年度募集, キャロットクラブ
-, , , ,

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.