ウェイヴェルアベニューの20(キャロットクラブ2022年追加募集)

2022年4月4日

 

募集馬情報

ロードカナロア
ウェイヴェルアベニュー
母父 Harlington
生月日 2020年3月13日
性別 母馬優先 -
毛色 鹿毛 出産馬齢 母9歳時
募集価格 6000万 一口 15万
入厩予定 関西 厩舎 奥村 豊
生産 ノーザンファーム
育成 ノーザンファーム空港

母の情報

ウェイヴェルアベニュー
父Harlington
通算成績:20戦7勝
主な勝ち鞍:BCフィリー&メアスプリント(米G1.ダート7f)

 

兄姉情報

年度 馬名 性別 父名 厩舎 クラブ募集 募集額(万) 募集結果 体高 胸囲 管囲 馬体重
2020 本馬 ロードカナロア 奥村 豊 キャロット 6000
2019 アストロフィライト ディープインパクト 中内田 充 シルク 7000 - 152.5 166.5 19.8 404kg
2018 グレナディアガーズ Frankel 中内田 充 サンデー 12000 - 151.0 171.5 20.7 423kg

血統

ロードカナロア
2008
キングカメハメハ Kingmambo
マンファス
レディブラッサム storm cat
サラトガデュー
ウェイヴェルアベニュー
2011
Harlington Unbridled
Serena's Song
Lucas Street Silver Deputy
Ruby Park

<5代内インブリード>

Mr. Prospector 4 x 5 x 5

父ロードカナロア

獲得賞金上位馬

1位・アーモンドアイ(牝)
主な勝ち鞍:ジャパンC(G1),牝馬3冠(G1)等

2位・ダノンスマッシュ(牡)
主な勝ち鞍:香港スプリント(G1),高松宮記念(G1)等

3位・サートゥルナーリア(牡)
主な勝ち鞍:皐月賞(G1)ホープフルS(G1)等

Harlington

獲得賞金上位馬

1位・グレナディアガーズ(牡)
父・Frankel
主な勝ち鞍:朝日杯FS(G1)

 

短評

母ウェイヴェルアベニューはBCフィリー&メアスプリント(米G1.ダート7f)の勝ち馬。
初仔であるグレナディアガーズ(父フランケル)が朝日杯FSの勝ち馬

グレナディアーズの18

グレナディアガーズの募集時写真

2番仔のアストロフィライト(父ディープインパクト)も新馬勝ちをし、白梅賞(1勝C)4着とこれからクラスを上げられそうな逸材。
本馬もそんな血統背景から追加募集で最高値の6000万。

上2頭はフランケル、ディープと芝でこその血統ではあったが、本馬は父ロードカナロアに代わり、母ウェイヴェルアベニュー自身米ダG1の勝ち馬で米国血統。Deputy Ministerも内包しているのでダートもこなせそうな血統。

サンデーの血を内包していないのはグレナディアガーズと同様で、グレナディアガーズも33秒台の上がりを現時点で使った事がなく、母系の米国の血らしい長く脚を使うタイプ。
一方ディープ産駒の半姉アストロフィライトはデビュー戦でいきなり33.6秒でまとめたように瞬発力タイプの印象。
本馬の血統からのイメージは、上2頭の持続力と瞬発力の中間くらいのタイプを連想させる。
上記「兄弟情報」で記載しているが上2頭との測尺の比較もチェックしたい点。

ただロードカナロアの持つNureyev(Special)をいじくらないのは、大きい舞台を目指すには少し減点材料。

厩舎は上2頭が中内田厩舎だったが、本馬は奥村豊厩舎へ。今年ピースオブエイトでダービー挑戦も予定にある厩舎。
大幅減点とまでは感じないが、リーディングトップの中内田厩舎と比べると一枚落ちる感は否めない。

ホームラン狙いなら追加募集の中なら本馬ではあるが、牝馬で6000万は高額ではあるので馬体や手術歴・悪癖等総合的に見て判断したい所だが、現時点ではスルー予定。

最新レポート

4/6 NF空港

現在は周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は900m屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター2本登坂しています。まだハロン16秒ペースを中心とした内容ですが、ここまで問題なく調教を進めることができています。
当初はトモ高な印象があった本馬ですが、前躯が伸びてきたことでここ最近はそうした部分は目立たなくなってきています。じっくり負荷をかけ、夏の移動~秋以降のデビューを目指していくつもりです。

「このたび追加募集馬を預からせていただくことになりました。さっそくNF空港へ見に行きましたが、聞いていたとおりしっかりしたフレームが印象的ないい馬でした。まだ腰が高く、前後のバランスはこれからの成長度合いで変わってくると思いますが、半兄グレナディアガーズの募集当時の写真を見るとなんとなく似ていると感じます。牧場のスタッフさんに聞いたところ、オンとオフがはっきりしているタイプながら、騎乗者に意識があってコントロールが利くとのことで、精神的な成熟度に加えて血統面の裏付けもあり、今後が本当に楽しみです。会員の皆さんの期待に応えられるよう、精一杯努めていきたいと思っております」(奥村豊師)

-追加募集22年, キャロットクラブ
-,

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.