インナーレルムの20(キャロットクラブ2021年募集)

 

母の情報

母インナーレルム自身は2008年愛国産で、2戦0勝と目立った競走成績はないが、半兄にロックオブジブラルタル(父デインヒル)がおり、半姉のルビー(父デインヒル)はフィエロの母と血統背景は良血です。

当初はアイルランドで繁殖入りし、初仔のIntricately(父Fanstnet Rock)は愛G1モイグレアスタッドS(芝7ハロン)の勝ち馬です。

2017年より日本で繁殖生活を送っています。

 

母の産駒

※中央で3勝以上は馬名太字、重賞勝利馬は馬名青字

2014・Intricately(父Fanstnet Rock)

2018・ギルティブラック(父ディープインパクト)

2020・本馬(牝)父ハーツクライ

2021・当歳(牡)父ドゥラメンテ

 

血統

インナーレルムの20

母父Galileo

獲得賞金上位と好走距離

対象:225頭

1位・レッドローゼス(牡)父ステイゴールド

33戦7勝 芝1600-2000m 障害

2位・キングオブコージ(牡)父ロードカナロア

14戦5勝 芝1600-2500m

3位・カンタービレ(牝)父ディープインパクト

12戦3勝 芝1600-2000m

※海外ではガイヤース(エクリプスS等2020年ワールドサラブレッドランキング1位)、ソットサス(凱旋門など)、スノーフォール(英オークスなど)らがおり多数活躍馬を輩出

父ハーツクライ×母父Galileo

獲得賞金上位と好走距離

対象:12頭

1位・ヴィクティファルス(牡)

5戦2勝 芝1800m

2位・ララサンスフル(牝)

5戦1勝 芝2000m

3位・ブライトアイズ(牝)

13戦0勝

短評

欧州血統である母インナーレルムでハーツクライは少し重すぎではという印象です。

同じくハーツクライ×Galileoのヴィクティファルスも共同通信杯では2着だったものの、降雨/重馬場だった中山のスプリングSを勝ったように、本馬も軽い馬場ではなくタフな条件に向きそうです。

本馬の半兄であるギルティブラック(3牡・父ディープインパクト、3歳未勝利)はサンデー所属馬ですので公式情報を確認すると、「ワンペースで切れる感じではない」とありました。

※サンデーサラブレッドクラブより転載の許可を得ております。

 

母インナーレルム×ディープインパクトのギルティブラックでもワンペースであれば、やはり母インナーレルム×ハーツクライは手を出しづらいなという印象で、母系に米国の速い血が欲しい所です。

 

※データは2021年8月1日終了時点になります。
※キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。
※個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

 

他のキャロットクラブ募集馬の短評を見る

-2021年度募集, キャロットクラブ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.