マイハッピーフェイスの20(キャロットクラブ2021年募集)

 

母の情報

母マイハッピーフェイスは2011年米国で産まれ、通算成績は16戦3勝【3.4.5.4】

1着・テンプテドS(G3)ダ8ハロン

2着・CCAオークス(G1)ダ9ハロン

  フリゼットS(G1)ダ8ハロン

  フォワードギャルS(G2)ダ7ハロン

3着・テストS(G1)ダ7ハロン

あまり聞いた事のないレースばかりですが、堅実なのは伝わります。

2018年のセリで日本に輸入される。

 

母の産駒

2016-2018は米国で種付けしています

2019・Union Rags(セリ時受胎)

2020・本馬(牝)父ハーツクライ

2021・当歳(牝)父ドゥラメンテ

母9歳時出産の5番仔となります。

今年のシルクで募集予定と発表されましたが、キャロットへ回ってきました。理由は気になる所。

 

血統

マイハッピーフェイスの20

母父TizWonderful

獲得賞金上位と好走距離

対象・7頭

※既走馬は3頭で、全て母コンドコマンド×ディープインパクト

アルジャンナ、コマンドライン、トレデマンドとPOGで話題になった馬ばかりで3頭ともに勝ち上がりを決めている。

 

短評

上記アルジャンナや現2歳で来年のクラシック候補とも言われるコマンドラインが「父ディープインパクト×母父Tiz Woderful×母が米短距離重賞勝ち馬」という組み合わせ。

血統が似ているディープインパクトとハーツクライなので、「父ハーツクライ×母父Tiz Wonderful×母が米短距離重賞勝ち馬」はある程度アルジャンナやコマンドラインを意識出来ます。

Tiz WonderfulはStormCat、Mr.prospectorが入ってるのでハーツクライに変わってもマッチしそうです。

ボトムラインは少し寂しい血筋ですが、総合的には十二分に長打を狙える血統背景だと思います。

 

※データは2021年8月1日終了時点になります。
※キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。
※個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

 

他のキャロットクラブ募集馬の短評を見る

-2021年度募集, キャロットクラブ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.