ビットレートの20(キャロットクラブ2021年募集)

 

血統

ビットレートの20

母父スペシャルウィーク

獲得賞金上位と好走距離

対象:1526頭

1位・エピファネイア(牡)父シンボリクリスエス

14戦6勝 芝1800-3000m

2位・サートゥルナーリア(牡)父ロードカナロア

10戦6勝 芝1600-2500m

3位・ディアドラ(牝)父ハービンジャー

33戦8勝 芝1400-2100m

短評

ヘニーヒューズの産駒では92%がダートに適性を出しており、本馬と同じく母父スペシャルウィークのヘニーヒューズ産駒ではタガノビューティー(牡4)がおり、朝日杯FSの4着もありますが勝ち星は全てダートです。

本馬の母系にはフレンチデピュティ、Seattle Slewが入りいかにも基本的にはダート向き、そしてヘニーヒューズ産駒らしく2歳戦の早い段階から能力を発揮してくれそうです。

ただ牝馬なんですよね。一般論としてダート馬なら牡馬が良かった、と。

もちろん芝でも走りうる血統ではあります、前出の通りタガノビューティーが2歳時の芝G1で4着しているように、成長曲線が早いのを武器に春のクラシックまでは見所を持てるかもしれませんが、ヘニーヒューズ産駒は3歳春以降ピークアウトする傾向が顕著に出ています。芝狙いなら芝向きの血統馬の方が..と思ってしまいます。

※データは2021年8月22日終了時点になります。
※キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。
※個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

 

他のキャロットクラブ募集馬の短評を見る

-2021年度募集, キャロットクラブ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.