シンハリーズの20(キャロットクラブ2021年募集)

 

血統

シンハリーズの20

短評

シンハリーズも高齢の母になってきており、本馬は18歳時出産の仔、それでも高い注目を集める血統馬ですね。

沢山の産駒がいる分、兄姉との比較をしてみると、血統としてはディープインパクト産駒とは3/4同血となるわけですから、アダムスピーク、シンハライト、ライティア、それからミッキーアイル産駒のスリーパーダもそうですね。

ディープインパクト産駒の3頭は全馬3勝以上、スリーパーダは7月に小倉でデビューし新馬勝ちをしています。

そもそものシンハリーズの繁殖の力は相当でしょうが、ディープインパクト(系)種牡馬に関しても相性は良好ですからリアルインパクトも合いそうです。

ディープ系に限らずサンデーサイレンス系種牡馬との配合では、Glorious Song経由のHaloクロスとなるのが相性の良さの根拠となっていますね。

リアルインパクト、そしてその母父メドウレイクからも、ディープインパクト産駒の兄姉達よりも距離適性は短くなりそうで、マイル前後が適性でしょうか。人気になりそうな1頭ですね。

 

※データは2021年8月22日終了時点になります。
※キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。
※個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

 

他のキャロットクラブ募集馬の短評を見る

-2021年度募集, キャロットクラブ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.