メジロシャレードの20(キャロットクラブ2021年募集)

 

血統

メジロシャレードの20

母父マンハッタンカフェ

獲得賞金上位と好走距離

対象:1021頭

1位・トーラスジェミニ(牡)父キングズベスト

29戦8勝 芝1600-2000m

2位・テーオーケインズ(牡)父シニスターミニスター

13戦7勝 ダート1400-2000m

3位・アディラート(牡)父ルーラーシップ

42戦6勝 ダート1400-1600m

短評

今年デビューの新種牡馬ドレフォンの産駒で傾向やパターンがまだ定まっていませんが、既に勝ち上がりを決めている4頭をヒントに見てみると、母方の血統に素直という見方が出来ます。

東京芝1800mを先行して上がり最速33.3でまとめたジオグリフは母父キングカメハメハ×母母父サンデーサイレンスという主流血統の母アロマティコ。

阪神ダ1200m新馬勝ち、函館2歳Sでは9着に敗れたフェズカズマは母父ネオユニヴァース、実際の適性はまだ推測の域を出ませんが、少なくともレース選択は母方の血統から連想できるチョイスがされています。

アウトブリード配合となる本馬ですが、半兄姉の戦績を考えると芝マイル、母方が主張されるなら中距離まで考えられそうです。

母父マンハッタンカフェを牡/牝別に見比べてみると、下級条件では大差ないものの、1600万(現3勝C)、OPクラスへの出世した頭数は、牡馬29頭牝馬10頭と他種牡馬と比べても差があるのはややネガティブなデータです。

※データは2021年8月8日終了時点になります。
※キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。
※個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

 

他のキャロットクラブ募集馬の短評を見る

-2021年度募集, キャロットクラブ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.