キャロットクラブへ今後望む事

 

ここ数日でキャロットクラブよりいくつか郵便が届きました。

まずはハッピーな内容、グランディアの2歳未勝利戦の勝利写真!と、関連商品作りませんかのチラシ

さすがに未勝利戦勝ちでは「よし関連グッズを」とは思いませんが、いつかG1でこういったグッズを作る機会が訪れたら...とは思います。

 

そして2つ目は、先日のドラフト結果

まあこれに関しては特に変わりはなく紙で届いただけです。晴れて来年は×1の身。とは言っても今年のバツ1保有者<来年のバツ1保有者という割合でしょうから、あまり胡坐をかく事はしないように、ですね。

 

3つ目は募集中止となったワイの20について追加の書面が。

要点は2点です。

①バツ1最優先で申し込んだ人は、来年もバツ1ですよ。という事はバツ無し最優先で申し込んだ人は来年もバツ無しという事でしょう。

②喉の異常=重度の咽頭虚脱。

喉鳴りを誘発する事で一般的に知られる咽頭片麻痺ではありませんでしたね。片麻痺であれば形成手術をするケースも良く耳にし、咽頭虚脱もヒダ切除手術を施される事もありますが今回は重度で、「競走馬として供するには適さない」との事。おそらく再募集もないでしょう。

私はどちらにせよ結果は「×」でしたので縁はなかったのですが、一度は申し込んで見惚れた馬ですからとても残念です。

 

さて本題。タイトルにもある通りキャロットクラブに望む事、です。

というのも人気者の宿命というべきでしょうか。最近はSNSでもキャロットクラブに対する要望や不満という物が増えたように思います。

ただ多く散見されるのは以下の件についてかと思います。

・一般抽選が激戦すぎて、欲しい馬に出資出来ない

・「絨毯爆撃」と揶揄される超多頭数申込みをする人が多すぎる

これについて私なりに思う事をつらつらと。

まず「絨毯爆撃」についてですが、私はしていませんがルール違反ではありませんので何も問題はないし、意見をSNSで発信するのは良くても文句を言うのはお門違いと感じます。不満に思う気持ちは理解できますが制度上問題がなく、ある程度頭数を確保するにはこの作戦が最適解ですからね。

そもそもこの2つの要望・不満については連動性があり、「一般で絨毯爆撃をする人が一定数おり一般の抽選が激化」「年に2ー3頭で良いと思っている層の人たちも一般が激戦だから頭数は多めに申し込む」という相乗効果で年々厳しくなってきてますよね。

であれば追加ルールを設ければ緩和する気はします。

 

「一般申込み出来る上限数は会員一人に対し10頭まで」といったルールを新設すれば、1頭あたりの一般申込み票数は減るでしょうし、だからと言って馬が売れ残るという事はないでしょう。

さらに頭数制限を設けるという事は今まで絨毯爆撃をしていた層の会員としてはなるべくデキの良い馬10頭を厳選し、今までは尺や馬体、厩舎がマイナスで不人気な馬でも、頭数確保の為に目を瞑って申し込んでいた票も減る事になる。

これで票が最弱扱いの新規会員に回ってくる馬も幾分多くなるでしょうし、これも同様余る事があっても1.5次で即売でしょう。

出資出来る新規会員が増えるという事はクラブとしても月会費の収入も増えますからメリットでは、とも思います。

ただ数年後を見据えると、新規会員数は現行ルールより加速度的に増える事から一般抽選の激化は解消できないテーマとは思います。それでも申込み上限頭数を設ける事で心持ちとして「フェア」に感じる人多いんじゃないかなという印象です。

 

前回の大きな申込みに関する改定としては、私が入る少し前なので正式には何年前か分かりませんが「抽選対象の場合上限口数が5口」というルールが設けられています。風の噂ではダービー馬レイデオロはこの制度の前に募集される馬で、数十口を持ってた会員さんが居たとか居ないとか...

前例として大きな改定もありますし、イチ末端会員の一声として年末アンケートにでも書いてみようと思います。(覚えていたら)

 

まあここまで書いておいてなんなんですが個人的にはそんなに現行ルールに不満はそんなにないんです。

年間1頭にはなりますがバツ無し最優先でもある程度選択肢はありますよね。それならその1頭に5口申し込めば、5頭分出資したようなもんですもんね。個人的な出資スタイルが、株で言うなら投資信託ではなく個別株を買いたいタイプの私です。年に1頭だって良いんですよね、別に。(実際の投資はおもいっきりインデックスファンドで積み立ててますが。笑)

振り返れば昨年もそうでした。バツ1最優先で抽選でしたが、無事グランディアが当選、口数は5口。

活躍した時の恩恵も、未勝利だった時のダメージも5倍。40口クラブにも所属しているのでバランス的にもそれが良くて。

それでも「申込み頭数上限」ルールはどちらにせよ良いものではと思ってはいます。

 

纏まりがありませんが、最後までつたない文章を読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

-キャロットクラブ, 一口馬主
-, ,

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.