バイラオーラの20(キャロットクラブ2021年募集)

 

血統

バイラオーラの20

母父トワイニング

獲得賞金上位と好走距離

対象:278頭

1位・ナガラオリオン(牡))父アドマイヤマックス

65戦14勝 ダート1200-1900m

2位・アイラブリリ(牝)父ストラヴィンスキー

29戦5勝 芝1200m

3位・テンザワールド(牡)父ダイワメジャー

31戦6勝 ダート1700-1900m 障害

短評

今年デビューの新種牡馬ドレフォンの産駒で傾向やパターンがまだ定まっていませんが、既に勝ち上がりを決めている4頭をヒントに見てみると、母方の血統に素直という見方が出来ます。

東京芝1800mを先行して上がり最速33.3でまとめたジオグリフは母父キングカメハメハ×母母父サンデーサイレンスという主流血統の母アロマティコ。

阪神ダ1200m新馬勝ち、函館2歳Sでは9着に敗れたフェズカズマは母父ネオユニヴァース、実際の適性はまだ推測の域を出ませんが、少なくともレース選択は母方の血統から連想できるチョイスがされています。

 

本馬の場合は母父にジャングルポケット。

前出サクセスエナジーやソルヴェイグがそうであったように、母父に入ると短距離は良く走ります。

母方から推測するなら芝寄りのマイル前後でしょうか

繁殖として名の通ったアドマイヤサンデーの血筋。逆

本馬は母父トワイニング。サンデーサイレンスは異系となり、フォーティナイナーの父Mr.prospectorをクロスさせてますから本馬はダートと考えるのがベターでしょう。

バイラオーラの仔は既走馬が3頭いますが2頭が勝ち上がっており、父シンボリクリスエスの2頭はダートに出ている事から、よりダート適性が入るドレフォンに変わるのは面白い配合だと思います。

募集価格も低価格帯なので、俗っぽい言い方をするなら「コスパが良さそう」という印象です。

※データは2021年8月8日終了時点になります。
※キャロットクラブ様より情報転載の許可を頂いております。
※個人的な評価になりますので、出資は自己責任でお願い致します。

 

他のキャロットクラブ募集馬の短評を見る

 

-2021年度募集, キャロットクラブ
-

Copyright© 一口馬主ライク , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.